HTC Vive – ルームスケール設定編 –

「Steam VR」のインストールが完了し、機器との初期設定が完了すると、
次はいよいよ、ルームスケールVRを使用するための設定を行います。

ViveはルームスケールVRという広いVR空間を歩けるのが特徴ですが、
そのスペースを実際の部屋に取れるのか?というのがかなりの人が買う前に
不安に感じる点ではないでしょうか?
ルームスケールに必要な最低の範囲は(2m × 1.5m)です。
広ければ広いほど、VR空間を移動できる範囲が広くなります。

では、SteamVRのメニューからルームスケールの設定を起動してみましょう?

立位のみも選択できるようですがもちろんルームスケールを選択。

ソファーやテーブルをどかしてスペースを確保しましょう。
(最低でも2m×1.5m必要です)

上の黒人間さんのようにコントローラを持ってボタンを押しながらスペース
外周を一周してくださいと言われます。

こんな感じで  外周を一周してエリアを四角形で囲みます。
(左下と右上の四角いアイコンがベースステーションの位置です)

狭すぎると上記のようにエラーが出ます。もっと壁ギリギリを攻めてみましょう(笑)

なんとかOKでました!
最低でも2m × 1.5m必要ですので、一人暮らしで部屋の狭い方はすこし
注意したほうが良い感じですね。(ちなみに今回は7畳で移動範囲が3畳くらい
の範囲を取れる部屋で実施してみました)
f:id:GreenTech:20160918024116p:plain

この設定が完了すれば、いよいよVRコンテンツで遊べる状態になっていますが、
まずはsteamVRのメニューから選択できる「チュートリアル」をやってみましょう。
この「チュートリアル」ではVRではどんなことができるのかということが
簡単に体験することができます。私も最初にこの「チュートリアル」を
始めたのですが、その時の感動は今でも覚えています。
是非体験してみてください。