HTC Vive – 設定編 –

HTC Viveの箱の大きさはデスクトップPCくらいあり、かなり大きいです。
お店で買って電車で、というのは厳しい大きさだと思いますので、ネットで
購入するのが良いかと思います。

箱の中身はケーブル類を覗くと下記の3つのケーブル類が入っています。

ヘッドセット

コントローラー (2個)

ベースステーション(2個)

※ヘッドセットとコントローラの位置を認識するために部屋の
2か所に設置します。

ヘッドセットをPCに接続し、2つのコントローラは無線で接続されます。
そして、ヘッドセットとコントローラの位置を認識するためのベース
ステーションを部屋に設置しなければならないのですが、こちらがすこし
大変かと思います。
ベースステーション自体はPCと直接接続する必要はなく、無線で接続
されます。その為、ベースステーションから延びる長い電源ケーブルを
コンセントに挿せる位置ならばどこでもよいのですが、2つのベース
ステーションを部屋の対角線上の斜め上方向から部屋の中心に向ける
のがベストなセッティングのようです。

ベースステーションを壁に取り付ける際に、大きな穴を開けたくなかったので、
私は下記のような、壁にホッチキスで取りけれられる器具を設置し、そこに
ベースステーションを取り付けた木の板を嚙み合わせることで、壁に設置しています。

他のユーザーの方々を見ると、撮影用のカメラの三脚を使ったり、クリップで
固定できる器具をベースステーションに取り付けて、設置したりされ るようですね。

設置は少し大変ですが、PCの電源が落ちたら自動で電源落ちるなどの
設定もできますので、一度設置すれば特に触る必要もなくなります。
これにより、自分の部屋を歩いたり、しゃがんだり、コントローラを持って
手を動かしたりという自分の動きをVR空間内に反映させることができます。

ちなみにですが、部屋にセンサーの様な物を取り付けることに若干不安を感じる方が
いるかもしれませんが、ベースステーション自体はスキャンする為の赤外線を
出力しているだけで、Webカメラのような画像を取得しているわけではありませんので、
ご安心を。

次回はPCでの設定方法について記載していきます。